建築家に対するイメージについて

建築家というと、家屋やビルなどの設計を行うデザイナーという感じの響きなのでとてもカッコ良い仕事だという印象が強いです。建築家は設計という作業を通して自分のイメージするものを、その対象となる建物を通して表現する仕事なのだと思います。もちろん建築家になるためには、それなりの才能がなければならないでしょう。それは単なるデザイン能力だけでなく、数学的能力も必要になってくるのですから芸術面と知能面の両方が卓越した力を持っていなければとうてい建築家としては大成することができないのだと思います。そう考えれば、いかに建築家が素晴らしい人であるかが伺い知れると思います。このようなクリエイティブな仕事は、自分が作り出したものがその町の中に半永久的に存在していくわけですから、これほど達成感と充足感の得られる仕事というのは他には無いのではないでしょうか。もし私ももう一度、高校時代に戻れるチャンスがあるのだったら、建築家を目指してみたいとも思ったりします。

PR:工務店向け集客ノウハウ , 生命保険の口コミ.COM , 生命保険の選び方 , クレジットカードの即日発行じゃけん , お家の見直ししま専科 , 健康マニアによる無病ライフ , 女性向けエステ.com , マッサージのリアル口コミ.com , 住宅リフォーム総合情報 , 英語上達の秘訣